楽天ポイントを獲得するには


▲現在、開催中キャンペーン▲

楽天Edyでためる

楽天Edy

お支払いでためる

楽天edy対応店舗でのお会計時に楽天Edy(電子マネー)で支払いをしてみましょう。
利用方法は、お会計時に「Edyで。」と言って、端末におサイフケータイ画面もしくはEdyカードをタッチ。「シャリ~ン」と音がしてお支払いが完了します。
お買い上げ金額200円につき、1ポイントが付与されます。
※お買い上げ時の楽天ポイントカードの提示と併用してご利用できます。(100円で1ポイント獲得)
楽天Edyが使える店


チャージでためる

【現金の場合】
利用時と同様に店頭で「Edyチャージお願いします。」と言って、端末におサイフケータイ画面もしくはEdyカードをタッチする。もしくは、Edyチャージ端末機でチャージする。

【クレジットカードの場合】
「Edy機能付き楽天ポイントカード」と「Edy機能付き楽天クレジットカード」は、Edy Viewerを使います。
※Edy Viewerのご利用には「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」が必要です。
Edy Viewerの利用方法
「おサイフケータイ」ならアプリのチャージメニューでクレジットカード情報の登録が必要です。 チャージ金額200円につき、1ポイントが付与されます。


楽天クレジットカード支払いの方が還元率がいいのでは?
クレジットカード決済が100円につき1ポイントであることから、Edyでの支払い(200円につき1ポイント)は実質還元率は低いです。クレジットカードでチャージ(200円につき1ポイント)してやっとトントン。

では、楽天Edyを利用すると何が得なのか..?
楽天Edyが楽天クレジットカードより勝る点はただ1点、特定の店舗で使うとポイントが倍増する等のキャンペーンを活用することです。
現在開催中の楽天Edyキャンペーン